DevOps から DevSecOps へ 

〜コンテナアプリに迅速なデプロイとセキュリティを両立する方法

日本においても、Kubernetes の導入が加速しています。コンテナによってアプリケーションの構築や更新のスピードを上げることが可能になる一方、今日の IT システムにとってセキュリティが最重要課題となっています。
開発から運用にいたるライフサイクル全体でセキュリティとデプロイのスピードを両立するにはどうすればよいのでしょうか?
本ウェビナーはコンテナアプリケーションの DevSecOps をテーマに、開発・運用の各フェーズで考慮すべき点とその対策について、デモを交えて解説します。

開催日程

開催概要

開催時間
開催会場
対象 Kubernetes を利用されている、または導入検討中の以下のような方のご参加をお待ちしております。
・アプリケーション開発者
・プラットフォームエンジニア
・DevOps エンジニア
・SRE
主催 ヴイエムウェア株式会社
参加費 無料 (事前登録制)

お問い合わせ

VMware セミナー事務局
E-mail : event-web@event-vmware.net
プライバシーポリシー(暫定):Zoom での Web セミナー
弊社 は、あなたが弊社に提供した個人データ(連絡先の詳細を含みます)を、Zoom 上で VMware が提供する Web セミナーへの参加申し込みを管理するため、質疑応答やリアルタイムのアンケート投票、チャット機能などの各種機能をご利用いただくために使用します。進行中の Web セミナーにおいて、弊社は主催者とパネリストの音声の録音やビデオの録画を行うことがあります。主催者が参加者の発言を許可する場合、あなたの声が録音される可能性があります。
弊社は、本プライバシー通知に記載されている目的のためにのみ、VMware グローバル プライバシー ポリシー に従ってあなたの個人データを処理します。
VMware はあなたの個人データの管理者です。Zoom は個人データの処理者であり、弊社はZoomと適切なデータの処理および転送に関する契約を締結しています。Zoom による個人データの取り扱いに関する詳細を確認するには、 Zoom プライバシー ポリシーをお読みください。
VMware による個人データの取り扱いに関する詳細については、VMware グローバル プライバシー ポリシー をご覧ください。本プライバシー通知に関して質問または懸念がございましたら、弊社 privacy@vmware.com までご連絡ください。