デモで分かりやすく解説!次世代ロードバランサとは(入門編)

~アプライアンス型ロードバランサとの違いを徹底解説~

ロードバランサの運用にお悩みはありませんか?

マルチクラウド化やアプリケーションのモダン化、IT コストの削減が叫ばれている中、そこにブレーキをかけているもののひとつにロードバランサがあります。
従来のロードバランサでは、非効率な運用や人手不足でリードタイムが長期化し、様々な環境で一貫したポリシーのサービスを提供するのが困難など、運用面での課題が顕在化しているお客様が増加しています。

課題が山積みのロードバランサ運用の解決策として、次世代ロードバランサの存在があります。

本セッションでは、これからの時代に求められるロードバランサの要件とは何か、VMware が提供する NSX Advanced Load Balancer の斬新なアーキテクチャによってもたらされるメリットやユースケースについて、デモを交えながら詳しくお伝えいたします。

前回のウェビナーご参加者様からの次世代ロードバランサ、及びウェビナーについての実際のご感想は、以下の通りです。(一部抜粋)

・ロードバランサはハードウェアのイメージが強かったが、ソフトウェアのロードバランサでも遜⾊ない印象だった
・HW アプライアンスと⽐較すると、拡張性や柔軟性、管理性に関してメリットを感じた
・従来のロードバランサと⽐べて格段に導⼊、運⽤が良くなっている
・ハードウェア LB でのデメリットである導⼊までの時間及び EoS 対応などがかなり解消できることは魅⼒
・製品の存在は知ってたが、デモを交えて具体的なサービスのイメージが出来た

皆さまのご参加を、お待ちしております。
 
 

開催日程

オンライン会場14:00~16:00(Zoom Webinar)

定員:100名

2021.12.17(金)

受付締切日 2021.12.16

お申し込み

開催概要

開催時間
  • オンライン会場14:00~16:00(受付開始13:55)
開催会場
  • オンライン会場Zoom Webinar
対象 企業・団体のシステム/ネットワーク管理者様、セキュリティご担当者様、システム/ネットワーク企画ご担当者様
主催 ヴイエムウェア株式会社
参加費 無料(事前登録制)

アジェンダ

オンライン会場 (Zoom Webinar)
14:00 - 14:10 ご挨拶/VMware の新たなるネットワークビジョンをご紹介
14:10 - 14:30 アプライアンス型ロードバランサとの違いを徹底解説

・アプリケーションを取り巻く環境の変化
・従来型ロードバランサの課題
・分散型アーキテクチャのメリット
14:30 - 15:10 四大ユースケースの紹介

・ユースケース1:TCO の削減
・ユースケース2:サービス提供の高速化
・ユースケース3:運用の効率化
・ユースケース4:マルチクラウド対応
15:10 - 15:15 休憩
15:15 - 15:55 運用コストを 47%削減できるロードバランサのデモ

・Day0 & 1 オペレーション: クラウド連携、Virtual Service 作成、スケーリング
・Day2 オペレーション: 障害時の自動回復、分析/可視化、トラブルシューティング
15:55 - 16:00 スペシャリストエンジニアによる Q&A

お問い合わせ

VMware セミナー事務局
E-mail : event-web@event-vmware.net
弊社 は、あなたが弊社に提供した個人データ(連絡先の詳細を含みます)を、Zoom 上で VMware が提供する Web セミナーへの参加申し込みを管理するため、質疑応答やリアルタイムのアンケート投票、チャット機能などの各種機能をご利用いただくために使用します。進行中の Web セミナーにおいて、弊社は主催者とパネリストの音声の録音やビデオの録画を行うことがあります。主催者が参加者の発言を許可する場合、あなたの声が録音される可能性があります。
弊社は、本プライバシー通知に記載されている目的のためにのみ、VMware グローバル プライバシー ポリシー に従ってあなたの個人データを処理します。
VMware はあなたの個人データの管理者です。Zoom は個人データの処理者であり、弊社はZoomと適切なデータの処理および転送に関する契約を締結しています。Zoom による個人データの取り扱いに関する詳細を確認するには、 Zoom プライバシー ポリシーをお読みください。
VMware による個人データの取り扱いに関する詳細については、VMware グローバル プライバシー ポリシー をご覧ください。本プライバシー通知に関して質問または懸念がございましたら、弊社 privacy@vmware.com までご連絡ください。